トップ

シワをサプリで改善

加齢乾燥とヒアルロン酸

しわやたるみの原因は肌の乾燥

「アラサー世代になってから、しわやたるみが気になるようになった」という女性は多いものです。鏡に映った顔を見て、「自分も確実に年齢を重ねているんだな」なんて、ため息をついてしまう事もありますよね。

そのお肌の悩みには、加齢による乾燥が原因のひとつとして考えられます。20代くらいまでの若いお肌は、意気込んで特別なケアをしなくても、みずみずしさが保たれています。しかし30代に入ると、多くの人はお肌の保湿力が低下して、乾燥によるしわやたるみという悩みが出てくるのです。

加齢に伴う肌の乾燥には、ヒアルロン酸の減少が大きく関係しています。

美容サプリメントのお探しならこちら。

赤ちゃんのお肌は、もちもちして、しっとりして、弾力がありますよね。いつまでも触っていたくなるような、あのお肌には、ヒアルロン酸がたっぷりと閉じこめられているのです。

ヒアルロン酸は、体内で生成されるゼリー状の物質です。肌は、表皮・真皮・皮下組織の3層で形成されていますが、ヒアルロン酸はそのうちの真皮のなかに存在しています。ヒアルロン酸がたっぷりと存在する肌は、水分を閉じ込める保湿力が高いので、肌がたるむのを防ぎます。また、乾燥によってできる「ちりめんじわ」もできにくくなります。

加齢によって減少するヒアルロン酸を補えば肌は復活します。ヒアルロン酸は体内で生成されますが、その量は年齢を重ねるごとに減少します。大人の真皮のなかにあるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんと比べると、20分の1程度です。これでは、保湿力が弱くなって肌が乾燥し、しわやたるみなどの肌老化が気になるはずですよね。

でも、年齢を重ねてもお肌を復活させる方法はあります。それは、食べ物やサプリメントによって、ヒアルロン酸を補うこと。そうすれば、肌の保湿力が再び高まって、しわやたるみのお悩みが解消します。

Copyright © 加齢乾燥とヒアルロン酸. All rights reserved.